俳優・女優・芸能人になりたい方におすすめ!俳優になるためのオーディションやレッスン内容についておすすめの俳優養成所をランキングで紹介しています。

社会人から俳優を目指すのは遅い?仕事と養成所を両立するコツ

公開日:2020/01/15  最終更新日:2020/02/05

俳優を志すきっかけや時期は個人差があり、子供の頃から映画に出演することを夢見て子役としてキャリアをスタートさせる人もいれば、社会人として生活を送り、ある日役者になりたいと欲求に駆られる人もいます。

社会人から俳優を目指そうとした時、すでに遅いのでしょうか。仕事と役者の道を両立させるためのポイントについてご紹介します。

年齢制限のない俳優養成所や俳優オーディションもある

俳優になるためには、俳優オーディションを受け、合格すると映画やテレビに出演することができます。

俳優オーディションの方法はいくつかあり、映画会社などが一般に出演者を募集する場合もありますし、劇団や俳優養成所に所属しながら、オーディションのチャンスを待つという方法もあります。一般公募のオーディションに合格し、そのまま俳優の道を歩んでいる人もいますが、かなり狭き門と言えるでしょう。募集自体が少なく、競争率がとても高いからです。

劇団や芸能プロダクション、俳優養成所に所属したほうが、オーディションのチャンスは多くあります。加えて俳優を目指すなら演技の練習など必要なスキルを得る必要があるため、俳優養成所などに所属していたほうが、俳優としてチャンスを掴みやすくなります。

劇団などに所属する場合、通常オーディションを受ける必要があります。どこに所属するかは活躍したい場によって違いがありますが、映画やテレビであれば芸能プロダクション、舞台に立ちたいなら劇団が無難です。と言っても芸能プロダクションや劇団はオーディションが厳しく年齢制限を設けているところもあります。特に人気のある芸能プロダクションはライバルも多く、合格するのが難しくなります。

劇団や芸能プロダクションより比較的入りやすいのが俳優養成所です。俳優養成所もオーディションがありますが、年齢や経歴に制限を設けていないところも多く、応募できる可能性が高くなります。

俳優養成所のオーディションは書類審査から始まり、合格すると実技審査に進むことができます。実技審査に合格すると、俳優の卵として入所可能になります。

社会人から俳優の仕事に転向することは可能

活躍している俳優の中には、元サラリーマンでそこから俳優に転向して成功している人もいます。なので、社会人から俳優に転向することは不可能ではありません。職種もあまり関係なく、公務員から役者を目指すことも可能です。

芸能界とは無縁の仕事についてきた場合、俳優としてのスキルを身につける必要があります。役者を目指す社会人の多くは、俳優養成所や劇団などに所属し稽古や実力を積んでいきます。

俳優オーディションなどで、年齢が有利になることもありますが、それよりも大事なのは演技力です。同じ40代でも役を演じるに十分な演技力を備えている人は、そうでない人よりも俳優オーディションに合格する確率が高くなります。なので社会人から転向した場合、実力をつけるまで覚えることが多かったり、なかなか役がもらえず、不遇の時期を過ごすかもしれません。

ですが一旦実力をつけると、少しずつ道が広がり、コンスタントに仕事が舞い込む可能性も出てきます。 ある日突然ブレイクするというのも芸能界ではあることです。遅咲きと呼ばれる役者たちは、いつ終わるかもわからない下積み生活に耐え、コツコツと実力を蓄えてきたという場合がほとんどです。

ある程度の年齢に達した社会人が、俳優を目指すことは不可能ではありませんが、難しくなります。その場合は、実力のある俳優養成所を選ぶことがポイントです。芸能界と太いつながりのある俳優養成事務所の中には、年齢を制限せず幅広く俳優の卵を募集しているところもあります。

俳優と仕事を両立するポイントは

俳優に転向してすぐ食べていけるほど収入を得られないのが普通です。なのでしばらくは仕事をしながら養成所に通うことになりますが、両立は十分可能です。仕事はやめるつもりはなく、軽い気持ちで養成所に通っている人もいます。

両立のポイントは、仕事のスケジュールに合ったところを選ぶことです。スケジュールが過密に入っていると、仕事に影響が出る恐れがあります。できれば夜間よりも休日に稽古ができるところが無難です。養成所の中には、研究生に合わせて柔軟な対応をしているところもありますので、事前に情報を収集しておくと良いでしょう。

俳優はいつ売れるかわかりませんし、もしかしたら長い下積み生活が続くかも知れません。それはわかっていても、時にはモチベーションが下がったり、このまま続けてもいいのか疑問が出てきたりする時があります。その時励みになるのが仲間の存在。同じ養成所に通う人と交流を深め、できるだけたくさん仲間を作っておくことをおすすめします。なにか困ったり、行き詰まったりした時にアドバイスや激励をしてくれる仲間は、とても貴重な存在になるでしょう。

俳優と仕事を両立するポイントで、欠かせないのは俳優になるという目標を見失わないことです。俳優は、華やかなイメージがありますが、その根底にあるのは、毎日の地道な稽古や、目標を達成するまで諦めないという強い気持ちです。こうした気持ちを持ち続けることが、俳優の道に進む原動力になります。

 

社会人から俳優に転向することは十分可能です。目指した時点で必要な実力やスキルを身につけることを考えましょう。そのためには俳優養成所に入ることが無難です。社会人として仕事を続けながら通えますので、生活を安定させながら本格的に演技を学んでいくことが可能になります。両立のポイントは、何が合っても実力を身につけるという強い意志を持つということです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧