俳優・女優・芸能人になりたい方におすすめ!俳優になるためのオーディションやレッスン内容についておすすめの俳優養成所をランキングで紹介しています。

オーディションの応募資格ってどこも同じ?よくある事例と注意点を解説

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/04/20

舞台やドラマ、映画などさまざまな俳優オーディションが開催されています。それらの試験に必ずといっていいほどにあるのが、何らかの形で設けられている応募資格です。気をつけなければいけないことも多いために、ここではそれらの俳優オーディションに関する応募資格や注意点について紹介していきます。

性別による制限が設けられている場合

俳優オーディションで設けられている応募資格で一番一般的なのが性別による制限が設けられている場合です。女性の主人公を演じる女優を募集するためのオーディションならば、当然女性だけに応募資格があります。男性の登場人物を演じる俳優を決めるためのオーディションならば、応募できるのは男性の俳優志望者だけです。

非常に基本的なことですが、案外見落としてしまうことも多いので、応募しようと思っている人は注意が必要です。特に気をつけなければいけないのは、具体的な作品のキャスティングを目的として、俳優オーディションが開催されている場合です。

作品に興味があるから応募しようと思っても、応募できるのが特定の性別の俳優に限られている場合には、応募できない場合もあることから、まず応募の資格があるのかどうかを確認する必要があります。

作品によっては、男性と女性の両方の俳優を募集している場合もありえます。特に登場人物の数が非常に多いような、規模が大きい作品の場合、オーディションで選ばれる俳優の数もそれだけ多くなる傾向があります。

こうした作品では、男性でも女性でもさまざまな配役があるために、オーディションの受験資格もそれだけ広くなります。また同じ作品の俳優オーディションでも、役柄ごとに応募資格が異なっているような場合もあるので、応募する際にはしっかりと注意する必要があります。

年齢による制限が設けられている場合

性別による制限とともに、よく設けられていることがあるのが、年齢による応募制限です。男性の俳優を対象にして募集されている俳優オーディションであっても、さらに細かい年齢制限が決められている場合も多くあります。

募集している役柄が若い大学生という設定ならば、オーディションで募集される俳優の年齢も、十代の後半から二十代の前半ごろまでの、若い俳優に限定されることになります。俳優養成所に通っている俳優の卵と同じような年齢層です。

こうした年齢制限が設けられているのは、役柄に合った年代の俳優を選んだほうが役にもぴったりとはまることが多いからで、年齢制限があるのにはそれなりにしっかりとした理由が存在します。逆に高齢の俳優に限定されているような俳優オーディションもあり、こうしたオーディションでは、高齢者の配役を決めるために、年齢制限が付けられています。

年齢制限があるオーディションがある場合に気をつけなければいけないのが、いつの時点の年齢であるかが記載されている場合です。オーディションに募集するときの年齢で判断される場合もあれば、特定の期日を指定して、その時の年齢が何歳かによって、応募資格があるかどうか判断されることがあります。

そのほかのさまざまな応募資格について

俳優オーディションの応募資格で多いのは上記のような性別と年齢ですが、作品によっては個性的な応募資格が設けられている場合もあります。例えば、作品によっては特定の資格を取得していることが応募の条件になっている場合もあり、運転免許などの資格が必要な場合もあります。

これは作品の中で登場人物が車を運転するシーンを撮影する必要があるからで、撮影のために必要な俳優を探すという理由で、設けられている制限です。

その一方で俳優オーディションの中には応募資格として、何らかの作品に出演して、役者としての経験を持っている人だけを対象としているようなものもあります。これは応募をする役者の演技力などを特に重視している場合で、経験のある人のほうが役者として使いやすいと言う理由でこうした制限が設けられています。

反対に、俳優オーディションの中には、俳優としての活動が未経験な人だけを対象にして募集をしているものもあります。このような作品では、何らかの形で他の作品に出演したことがある俳優は、オーディションに応募することができません。

こうしたタイプの応募制限が設けられているのは、見ている人にフレッシュな印象を与えることができる新人の俳優を求めているからです。俳優養成所で勉強をしている人にも、応募しやすいオーディションです。

その他にも俳優オーディションによってはさまざまな応募資格が設けられているものも多いですが、わからないことがあったらうやむやの状態で応募せずに、問い合わせることが可能ならば、確認してみることも必要です。

 

俳優オーディションにはさまざまな応募資格が設けられている場合もあります。応募する際には資格に該当しているかどうかだけでなく、細かい注意点にも気をつけて応募する必要があります。通っている俳優養成所の紹介などで多くの俳優オーディションを調べれば、それだけ応募可能なオーディションが見つけやすくなります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧