俳優・女優・芸能人になりたい方におすすめ!俳優になるためのオーディションやレッスン内容についておすすめの俳優養成所をランキングで紹介しています。

運命の岐路!俳優オーディションに受かる人と落ちる人の違いとは?

公開日:2020/03/01  最終更新日:2020/03/02

俳優養成所に入るためには、俳優オーディションに合格する必要があります。特に人気の俳優養成所に入るオーディションは競争率が高く、落ちてばかりいると、自信をなくしてしまう人も少なくありません。

俳優オーディションに受かる人と落ちる人の違いはどこにあるのでしょうか。落ちる人と受かる人を比較、両者の違いについて説明します。

俳優オーディションに受かる人の傾向

オーディションに受かる人傾向の一つに、俳優養成所が求めている人材があります。俳優養成所がオーディションを実施するのは、欲しい人材がいるからで、そのイメージに合った人はオーディションに受かる傾向が必然的に高くなります。

選択の基準が審査員になりますので、自分ではどうすることもできません。俳優オーディションに落ちてばかりいると、自信を失いがちになりますが、たまたまその俳優養成所が求めている人材ではなかったという場合もありますので、あまり自分を責めないようにしましょう。

通常俳優オーディションの審査には、一次審査と二次審査があり、前者は書類選考です。一次審査で選ばれる人は、オーディション用の履歴書欄にある自己アピールとプロフィール写真が、審査員の目に留まりやすい傾向があります。オーディションに受かるコツのひとつに、他人との差別化がよく挙げられていますが、他人にはない自分の魅力を伝えることができるのが自己アピールとプロフィール写真です。

一次審査に合格すると二次審査に進み、審査員と面接することになります。審査員に良い印象を与える人は合格しやすい傾向があります。受かる傾向のある人は、遅刻することは審査員にマイナスの印象を与えることを知っているため、オーディションの時間にはまず遅れません。人の接し方や態度にも良く、自己アピールで自分の個性や強みを伝えることと同時に大きくプラスに傾きます。

俳優オーディションに落ちる人の傾向と受かる人の違い

俳優オーディションで不利になることは、自己アピールの方法を知らないことと、落ちる理由がわからないことです。これらの要因がそのまま落ちる人の傾向に当てはまります。

俳優を目指すなら、容姿やスタイルが良いほうが有利と考えられていますが、それが全てではありません。実際に顔やスタイルが特別美しいわけでもないのに、お茶の間の人気をさらっている俳優はたくさんいます。

落ちる人の傾向は、不合格の理由を容姿の悪さと決めつけ、他の理由を探そうとしません。受かる傾向のある人の多くは、合格できない理由を探し、改善するよう努力しています。

落ちてしまう理由は、容姿や体型よりも、自己アピールが上手くできていないという場合がほとんどです。自己アピールを上手にするには、正しく自己分析を行い、自分の特技や強みをよく知ることです。書類選考で重要視されるプロフィール写真も、受かる傾向のある人は重要視し、審査員の目にとまるように工夫しています。

初めてオーディションを受けて一発合格したという話はあまり多くありません。ほとんどの人は何度もオーディションを受け、問題点を改善しながら合格を勝ち取っています。オーディションに落ちてしまいがちな人は、興味のあるオーディションしか受けない傾向があります。

受かる人は可能な限りオーディションを受けるという行動力があり、落ちても悲観せずに何が悪かったのか原因を探します。ここが俳優オーディションに落ちる人と受かる人の違いになります。

俳優オーディションに受かるためのポイント

オーディションに落ちてしまうという人は、改善点がないかどうか振り返ってみましょう。オーディションに落ちるには必ず理由があります。事務所が求めているイメージと違っていたというのなら、次回からは事務所が求める人材について事前に調べ、できる限りそれに応えようとする努力が必要です。

自己アピールが上手くできていなければ、自分の持っている特技や強みについて調べてみましょう。つい夢中になってしまうこと、人から感謝されたことなど、毎日注意深く自分のことを観察していくと、自然に見えてくるようになります。

審査で重要な役割を果たす自己アピールや写真は、常に審査員を意識しながら作成することがポイントです。読んだ(見た)審査員はどう反応するか、を自問しながら作業を進めていきましょう。友人や家族に見てもらい、感想を聞くことも効果的です。

二次審査ではオーディション以外でも審査員が評価する点はいくつかあります。特に言われているのが遅刻をしないことです。遅刻はほぼ間違いなく審査員の心象を悪くします。本気で俳優を目指す気がないと見なされるかも知れません。

遅刻は俳優にとって致命的なのは、映画やドラマの制作は、大勢の人が関わっていて、一人でも遅刻すると大勢の人に迷惑がかかるからです。面接では第一印象や自己アピールなど大事なポイントがいくつかありますが、時間に遅れないことも忘れないようにしましょう。

 

俳優養成所のオーディションに受かる人と落ちる人の間には、いくつか違いが有ることが分かりました。俳優養成所は、俳優としての道を歩むために必要な存在です。希望するところに合格するためには、自分自身をよく知り、オーディションの審査員が求めていることに近づく努力をすることが大切です。

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧