俳優・女優・芸能人になりたい方におすすめ!俳優になるためのオーディションやレッスン内容についておすすめの俳優養成所をランキングで紹介しています。

夜間通える俳優養成所はある!?通っている生徒のタイプとは?

公開日:2020/04/01  最終更新日:2020/04/10

俳優オーディションを受ける時に、養成所に所属している必要があるところもあるので、悩んだ際には入ってみるべきではないでしょうか。一口に俳優養成所といっても数多く存在していますが、中には夜間に通える俳優養成所もあり、様々な年齢層の生徒が通っている傾向にあります。

夜間通える養成所の有無や特徴とは

一口に俳優養成所といっても現在日本には数多くの養成所が存在しており、どこを選ぶかによる違いはかなり大きいのでしっかり比較して選ばなくてはなりません。学費やカリキュラム、教えている講師などチェックポイントは多々あり、養成所選びによって俳優として活躍できるかという結果にも大きな違いが生まれます。

どのような俳優になりたいか考え、目的に合っている養成所を選ばなくてはならないことは間違いありません。その上で注目しておかなくてはならないのが、通うのは日中か夜間かという点です。

基本的には日中に通う養成所が多いですが、中には夜間に通える養成所も存在しています。夜だからと言って不利になるわけではなく、俳優オーディションにも問題なく参加出来ます。

もちろんどの養成所でも夜に対応しているコースがあるわけではなく、日中のみを対象とした養成所の方が多いことは間違いありません。俳優オーディションに参加出来るチャンスがどの程度あるのかや、自分に合うのかで判断するべきであり、俳優を育てることに力を入れている学校から選ぶべきです。

俳優養成所や俳優オーディションは個人で自由に選べる時代であり、選択肢が豊富にあるからこそ夜間も視野に入れるようにし、ライフスタイルに合わせて無理なく通える先を見つけるようにしましょう。夜間の養成所は今の時代には、ぴったりなスタイルではないでしょうか。

夜間に通っている生徒の特徴について

夜間を選んで通っている人の大半は、日中には他の用事があり通うことができないからというケースが多くなっています。大学生やフリーターは勿論なこと、正社員として仕事をしている人が俳優の夢を諦めることができず、養成所に通い俳優を目指しているケースも珍しくはありません。

半年から一年になっていることも多く、カリキュラムも自分で組み立てることができたりと、自由度が高いのも魅力であり特徴です。通学は平日の夜となっていることが多いですが、土日になっていることもあり社会人にも通いやすい仕組みです。

ライフスタイルを変えることなく俳優の夢を叶えたいと考えている人や、養成所に通うための資金を確保しながら通いたい時にも、夜間コースはぴったりと言えるのではないでしょうか。勿論中には他の養成所や劇団に日中は通いながら、夜のコースも利用する人もいます。

どちらも通えば良いというものではないので、きちんと相談したり自分の生活や予算に無理が生じないか考えて判断するべきです。夜間に通っている人は、それぞれ理由を持っていることは確かですが、俳優になりたいという夢を追いかけていることは確かであり、悩んだ際にはまず資料請求をするなどし、情報を集めてみるようにしましょう。

注意しておくべきポイントについて

体験授業やオープンキャンパスに参加することにより、養成所の雰囲気を知ることが出来るので、開催されている場合には必ず足を運んでおくべきという点は間違いありません。しかし体験授業やオープンキャンパスは日中に開催されることがほとんどであり、夜間に通いたい人が日中のものに参加しても、実際に通い始めた後の雰囲気は掴めないことも珍しくありません。

実際に通っている人は日中か夜かによる違いがあるのは仕方ありませんが、講師は日中と夜間で変わるのか同じかという点や、授業内容やカリキュラムに関してはしっかり確認しておくように注意しましょう。

演技や心構えなど基礎から学んで行けるのも養成所に通う利点ですが、夜となれば自分でカリキュラムを組み立てたりと、自身で決めて動くことが増えます。勿論きちんと通うことが出来るかも、個人の意思によってくるので通い続ける手間を考えて選ぶことも大切になってくるのではないでしょうか。

料金は通う期間や週にどの程度通うのかという回数による違いも大きいので、夜間だからという理由だけで養成所やコースを決めないように気をつけておきましょう。本当に初心者であり基礎から学びたい人と、ある程度基礎は出来ていてそれ以外を学びたいのかによる違いも大きく関係してくるので、夜ならば通いやすいという理由のみで判断するべきではありません。

 

俳優養成所は日中のみではなく夜間に対応しているところもあり、通っている人の年齢層も様々です。社会人や大学生、フリーターを始め日中には通うことが難しい人が利用する傾向にあり、日中よりも自由度が高いのも特徴となっています。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧