俳優・女優・芸能人になりたい方におすすめ!俳優になるためのオーディションやレッスン内容についておすすめの俳優養成所をランキングで紹介しています。

未経験でも俳優オーディションを受けるべき?合格するためにやるべきこと

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/04/20

俳優としての経験がない人でも俳優オーディションに合格すれば、プロの俳優としてデビューすることができます。演技の経験がなくても、審査員の目にとまれば、合格できる場合もありますが、やはり未経験者の場合には努力も不可欠になります。ここでは俳優オーディションを受けたいと思っている人が合格のためにするべきことを紹介していきます。

俳優養成所に通って一から勉強をする

未経験の人が俳優オーディションに応募して合格しようと思った場合には、まず演技の勉強を始めるのが一番手堅い方法です。役者の経験がなくても、演技の技術を磨いていれば、オーディションでも審査員の目にとまりやすくなります。

俳優の演技が専門的に勉強できる場所として一般的なのが、俳優養成所です。俳優養成所では俳優になることを目標にしている人のために、演技についてのさまざまな内容の指導を行っています。未経験者が俳優養成所に通う大きなメリットは、演技の基礎段階から学ぶことができることです。

未経験者の場合には発声の方法なども一から学習しなければいけませんが、養成所に通っていれば無理なく自分のペースで発声の技術を向上させることができます。演技以外の俳優になるために必ず知っておかなければいけないようなことも、養成所に通いながら少しずつ勉強することができます。

実際に現在、俳優として活動している人の中にも、若い頃に俳優養成所で勉強をして、デビューしている人も多いので、養成所での勉強は将来、俳優として活動するための重要な修行の場にもなります。

俳優オーディションを受験する場合でも、俳優養成所で勉強をしたということを面接などで言えば、未経験者でも良いアピールポイントになります。多くのプロの俳優を輩出しているような有名な俳優養成所で勉強をしている人ならば、その養成所の出身者であるということだけで、一目置かれる場合もあります。

自分で練習して発声のための訓練をする

俳優オーディションに合格して役者デビューをしたいと考えている人は、俳優養成所以外にも、普段から自分で努力することが必要です。俳優になりたいと考えている人に必要になるのは、滑舌よくしゃべることができる技術です。

いくら演技力があっても、滑舌が悪ければ話しているセリフの内容が見ている人に伝わらないので、俳優としては不適格ということになります。滑舌をよくするために未経験者でもできるのが、口の中を滑らかに動かす運動です。

声をわかりやすく聞かせるために重要なのが、母音をしっかりと発音することです。母音の発音があいまいだと、聞いている人がセリフを理解しにくくなってしまうので、日ごろから母音をしっかり発音するように気をつける必要があります。

母音とともに発声で難しいのが、子音の発音です。子音もわかりやすく発音することで、よりセリフが聞き取りやすくなります。自分がどの発音が得意で、どの発音が苦手かということがわからない場合には、人に自分の話しているところを聞いてもらうのも効果的な方法です。

人から聞いていてわかりにくい母音や子音の発音を指摘してもらったら、それを重点的に練習して矯正することで、聞き取りやすい発声にすることができます。聞いてもらえる人がいない場合には、自分の声をレコーダーなどで録音してみるのも一つの方法で、自分で自分の発声の欠点を見つけることができます。

俳優オーディションの情報を集める

未経験者が俳優オーディションに応募する場合、合格するためにできることがこまめな情報収集です。俳優の経験がない人がオーディションを受験しても、簡単には合格しないことも多いことから、あきらめないで、さまざまな俳優オーディションを受けてみるという、チャレンジ精神も必要です。

そのために役立つのが、俳優オーディションに関する情報です。どこでどのようなオーディションが開催されるのかという情報を多く集めることで、できる限りたくさんのオーディションに参加することができます。

未経験者でもさまざまな俳優オーディションに受験し続けていれば、何かの役を得ることができる場合も多くあります。俳優オーディションに関する情報をどのように入手するのかも問題になりますが、俳優養成所に通いながら演技を勉強している未経験者ならば、養成所からオーディションの情報を教えてもらうこともできます

オーディションを開催している会社などは、できるだけ多くの参加者を集めるために、俳優の卵が集まっている俳優養成所などにも声をかけることが多いことから、養成所に通っているだけで、さまざまなオーディションの情報を入手できる場合も多いです。

やみくもに全てのオーディションを受けるのではなくて、自分が受かりそうだと思うものを選んで参加するのも一つの方法で、募集の詳しい内容をしっかり確認してから応募する必要があります。

 

未経験の人が俳優オーディションに応募して合格するためには、それなりの努力も必要になります。俳優養成所に入校して俳優としての勉強を一から始めるのも確実性の高い方法で、自分で発声などのトレーニングをするのも大切なことです。情報の収集も未経験者がオーディションに合格するためには、欠かせないことです。

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧