俳優・女優・芸能人になりたい方におすすめ!俳優になるためのオーディションやレッスン内容についておすすめの俳優養成所をランキングで紹介しています。

オーディションで審査員がチェックしているポイントと注意点!

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/25

俳優になる方法として自ら応募し俳優オーディションを受ける手段もありますが、かなり狭き門となっています。俳優養成所に所属する事で、夢を叶える近道になるのではないでしょうか。

オーディション合格は誰もができるものでなく、審査員がチェックしているポイントを知り、準備や対策をしたり、注意点を理解しておくことも必要になってきます。

服装や髪型といった身だしなみについて

養成所では俳優になるために必要な発声練習や演技レッスンなどのスキルを身に着ける場所であり、俳優養成所の講師は第一線で活躍している人が担当していることも珍しくありません。気に入られればオーディションや撮影に呼んでもらえるケースもあり、夢の実現の第一歩になります。

俳優養成所を利用しなくても、自ら応募できる俳優オーディションもありますが、俳優養成所に所属していないと受ける資格がないとして、オーディションに参加できない場合もあるので、俳優養成所に所属するメリットは多々あるといえます。

俳優養成所はお金さえ出せば入れるものではなく、入るためにもオーディションを受けなくてはなりません。書類審査をクリアしたら、面接や実技審査を受けるのが基本の流れとなっています。

俳優オーディションの場合には、基本的にチェックされているのはどんな点か理解しておくべきです。髪型や服装に関しては、個性を出すことも大切ですが、各オーディションによる違いが大きいので気をつけましょう。

オーディションではどんな人材を求めているか理解し、審査員に好印象を持ってもらうことが必要不可欠となってきます。絶対にダメな服装は存在していませんが、清潔感が大切という点に関しては男女や年齢問わず当てはまるポイントであり、気をつけておくべきです。もちろん髪型に関しても、清潔感には気を配っておきましょう。

話し方や態度と熱意も重要なポイント

俳優オーディションでは話し方や態度はかなり重視されているポイントであり、気怠そうにしたり横柄な態度は取らないように気をつける必要があります。面接対策は必須ですが、ありきたりな内容や丸暗記したような話し方では好印象とは言えません。審査員に熱意を伝えるためにも、自分の言葉で気持ちを込めて話すように心がけておきましょう。

面接で話している最中は勿論、待っている時間に腕や足を組んだり、貧乏ゆすりをするのも印象に大きなマイナスを与えるので避けるべきです。日頃癖となっていると無意識に行ってしまいがちなので、気を抜かないようにしておかなくてはなりません。

面接中だけではなく、待っている間や受付での対応などもチェックされていることが多いので、最初から最後まで気を抜かないようにすることが成功への近道となります。緊張してしまうのは当然のことであり、それは審査員もきちんと理解しているので無理に緊張を解こうとする必要はありません。

大きな声でハキハキと話すことができているかや、度胸があり肝がすわっているかという点は重視されている傾向にあるのではないでしょうか。派手な自己紹介をする必要はありませんが、定番すぎて印象に残らないということがないように、自分の言葉で伝える努力は必要です。

注意しておくべきポイントについて

ありきたりな志望動機を伝えても印象に残すことはできないので、自分ならではの個性やキャラクターを伝えるようにしておくべきです。勿論だからと言ってマナー違反になることはしてはならないので、十分気をつけましょう。

養成所に入ることにより業界の人との繋がりが出来て、チャンスが増えるのは間違いありません。養成所でレッスンに通うだけではなく、実際に映画やドラマの現場に加われたり、オーディションに応募できる条件も整えることができます。

しかし俳優養成所と一口に言っても様々であり、カリキュラムや学べることにも違いはあるのでしっかり比較して選ばなくてはなりません。養成所に入るとなれば、当然費用も発生するのでトータル費用を比較して決めるようにしましょう。

入りやすさに関しても養成所により違いがあるので、内容がどの程度厳しいか審査基準を理解しておくようにするべきです。一つの養成所で落ちてしまったからと言って、他でも落ちるばかりではないので諦めずにチャレンジすることも大切になります。

審査時に必ずチェックされている点など、基本となる注意点はどこの俳優オーディションでも大差はないので、基本は押さえておくことが大切です。オーディションは一つで合格できるほど甘くはないので、複数応募しておくようにしましょう。

 

俳優オーディションは基本的に審査員がチェックしている点は同じであり、態度や言葉遣い、身だしなみといった基本には注意しておきましょう。それだけではなく、熱意の有無も重要になるのでやる気をきちんと伝えることが大切になってきます。

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧