俳優・女優・芸能人になりたい方におすすめ!俳優になるためのオーディションやレッスン内容についておすすめの俳優養成所をランキングで紹介しています。

青二塾の口コミや評判

公開日:2022/03/28  

青二塾の画像
【詳細】
会社名:株式会社青二プロダクション
住所:[ 東京校 ]〒106-0031 東京都港区西麻布1-6-4 AONI BLDG.(青二ビル)
TEL:03-6455-5418

芸能関係に憧れて、俳優になりたいと思った経験がある方も多いのではないでしょうか?しかし、俳優になるためには専門的な勉強が必要である、どこかで勉強をしなければいけません。今回ご紹介する青二塾は、青二プロダクションの俳優養成所として1982年に設立され、東京都港区に青二塾東京校を開設している俳優養成所です。

青二塾とは?

青二塾の画像
1969年設立された青二プロダクションは、現在も芸能分野において一目置かれる存在で在り続けています。そして、その原動力となっているのが青二塾です。常に自分たちで俳優を見つけて育ててきたからこそ、450人以上の大所帯になりました。

次の世代を育てる俳優養成所

青二塾は、青二プロダクションを支える人材を発掘するため、そして育成することを目的として設立された俳優養成所です。現在、青二プロダクションで活躍するタレントの約6割は青二塾出身といわれています。青二塾では、どこかでしっかり俳優について学んだ方のみが入塾するための塾ではありません。俳優に関する勉強経験がなくても、入塾して教育を受けることはできます。

講師は現役

青二塾で指導にあたる講師は、すべて現役で活躍する方ばかりです。したがって、指導への思いは強く、塾生と本気でぶつかり合いながら俳優を目指します。目指すところは、ただの俳優ではなく青二プロダクションの次世代を担う人材育成です。

目指すは生涯現役の俳優

講師も現役なら、塾生が目指すのも生涯現役を貫き通す俳優です。一時的に輝きを放つ俳優ではなく、生涯現役で活躍できる俳優、そしてこのような俳優が所属する事務所を目指しています。なぜなら青二プロダクションという会社は、大勢のスタッフや俳優に支えられているからです。

青二塾だからこそのカリキュラム

青二塾の画像
青二塾は、独特のカリキュラムを用意しています。なぜなら、青二プロダクションを担う存在を育成するという大きな使命があるからです。演技指導、アフレコ、ナレーションなど必要な指導はすべて実施します。

演技指導

演技指導は、テキストを用いる方法と身体で体験する方法の2つを取り入れています。まず、テキストで根本的なところから、実際の演技で求められるところまで指導が続きます。また、身体で体験する方法は、姿勢はもちろんのこと、呼吸方法や滑舌など演技をするうえで基礎となる部分を徹底的に指導します。ときには、本番のように台本を使うこともあり、実際のセリフを使いながらセリフの立体感を勉強します。

ナレーション指導

青二塾では、物語の解説などを行うナレーション指導も行います。この指導の目的の一つは、自分の声を知ることです。声というものは、自分で感じている声とは全くの別物です。その自分の声がどのような声なのか、そして周囲にどのように聞こえているのかを確認します。そして、いわゆる地声が認識できたら口角、表情筋、横隔膜などの鍛錬を開始します。分かりやすく、しっかり読めるような意識を持つ指導を続けていきます。

発声練習

青二塾が俳優に求めるのは、演技力だけではありません。上手に歌える俳優や声優も念頭に置いたうえで指導しています。練習は、発声練習はもちろんのこと、呼吸方法や歌い方などさまざまなテクニックを身につけることが狙いです。単に歌えるのではなく、上手に歌える俳優や声優、気持ちがしっかり伝わるように歌える俳優や声優の育成を目標にしています。

ダンス練習

ダンス練習では、表現力やリズム感を養います。まずはダンスの基本となる体幹を鍛え上げ、実際の振り付けを覚えます。その際、リズム感やしなやかさも同時に指導、周囲の方に自分を見せる練習を繰り返し行います。

アフレコ(アフターレコーディング)

アフレコとは、アニメなどの実際の映像に音声を付けていく作業です。青二塾のアフレコ実習では、マイクスタンドを使いながらマイクワークの実習、そして実際の作品を使いながらアフレコを勉強します。

感情を正しく表現する

感情を正しく表現することを学びます。そもそも感情表現ができないようでは、第一線で活躍できる俳優にはなれません。感情を自分でしっかりコントロールしながら、喜怒哀楽が表せるように勉強します。ただし、感情表現は恥ずかしいと感じる方が多い傾向にあります。青二塾では、集中すること、そして開放することを教えながら、必要なときに必要な表現ができる俳優に育てていきます。

年数回のカリキュラム

青二塾では、年に数回程度の特別講義があります。この講義で指導するのは、青二プロダクションの方や青二塾出身者、そして同じ業界で活躍している関係者などです。年数回しかありませんが、生の話を聞ける貴重な機会です。このような実際に活躍している方の話が聞ける点も、青二塾の特徴の一つです。

青二塾に入学するには?

青二塾の画像
青二塾に入学は、いつでも可能というわけではありません。入学する際は 試験もあるため、募集時期をはじめとした入塾までの流れをしっかり把握しておきましょう

募集時期と締切

青二塾への入学希望は毎年8月から受付が始まります。応募する際は、入学志願票と作文、そして音声データを指定されたメールアドレス宛に送付します。また、募集受付の締切は11月となっていますので、ギリギリに募集するのではなく、余裕を持って応募しておきましょう。

試験と合格発表

入学に向けた試験は、2回に分かれて実施されます。一次試験は12月上旬に行われ、前述した必要書類とボイスサンプルの提出が必要です。一次試験をクリアすると次は12月中旬に二次試験です。二次試験は面接をはじめ、セリフやナレーションなどを実際に行います。すべての試験が終了したら合格発表を待ちます。ちなみに二次試験は有料で5,500円(税込)、合格発表は12月中旬です。

入学手続きと入学

試験に合格した場合は、翌年に入学手続きに入ります。入学手続きを行うのは翌年の1月、すべての手続きが完了すれば、あとは4月の入学を待つだけです。ただし、入学する前に入学金と前期受講料を支払わなければいけません。入学金は22万円(税込)、前期受講料は44万円です。後期受講料は44万円(税込)、後期分については9月末までの納入になります。

青二塾は、青二プロダクションの未来を担う俳優を育成するために設立された俳優養成所です。また、俳優養成所で指導に当たるのは生涯現役を宣言するプロの講師、多くのカリキュラムが用意され本気の指導が入ります。入塾は毎年8月から開始しますので、青二塾に興味がある方は8月~11月の間に決断し、必要書類を揃えて応募してみましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧